無料で利用することができる相談窓口サービス

保険に必要な見直しとタイミング

保険の歴史

損害保険業界における変遷

損害保険業界は、1945年以降、カルテルが法律的に認められていました。つまりすべての保険会社が同じような商品や料率であり、利用者にとって多様性のある商品があったとはいえませんでした。 しかしその後、保険は自由化に移行し、それまでの経営モデルが180度変わりました。さまざまな商品や料率が生まれ、保険相談も複雑になっていきます。 最近の日本における少子高齢化などは、保険市場の縮小となっています。この状況を好転させるため、これまで未開拓だった分野への進出にも取り組んでいます。例えば、企業を対象にした新種保険分野や、実損てん補を義務としない第三分野などの商品です。 また既存商品に関しても、IT化による手続きの手軽さや、保険相談の分かりやすさにも力を入れています。

時代にあった保険商品

社会の高度化や科学の進歩によって、ビジネス環境はさまざまなリスクにさらされています。そのため、新しいリスクに的確に対応できる保険商品が開発されています。例えば環境やIT化、エネルギー関連などによる新しいリスクに対処できる商品です。 その中でも、賠償責任に関する分野の開発は著しいといえます。利用者の権利意識や、法的な責任に関係する法律の動向などです。これらの保険相談は大きく増加しています。そしてこれまでの賠償責任保険の改正だけでなく、それに伴うリスクをカバーする、きめ細やかな保険商品が伸びていることも特徴です。損害保険業界は、企業リスクにおける全般的な保険開発や保険相談に力点を置く流れにあるといます。

Copyright (c) 2015 無料で利用することができる相談窓口サービス all reserved.